TJMデザインは
自社ブランドを
展開する
メーカーです。

100年を超える歴史の中で様々な時代の波を越えながら
「考え続けること」の大切さを身をもって体験してきました。
デザインを社名に入れた理由は
グランドデザイン・コンセプトデザインという「考えること」を
大切にする社風のためです。

会社概要

社名 株式会社TJMデザイン
所在地 東京都板橋区小豆沢3-4-3
本社 グループ全体
従業員 1,042人 1,590名(海外 548人)
売上高 402億円 501億円

※2022年度実績

主たるブランド

ツール事業部

総合建築工具メーカーという
日本でただ一つのビジネスモデルが完成。

ツール事業部の詳細

ツール事業部

キッチン事業部

日本でただ一つの高級カスタムキッチン
メーカーというビジネスモデルを創り出す。

キッチン事業部の詳細

キッチン事業部

ダイネット事業部

企業内起業によって生まれた
メーカーではない小さな優等生。

ダイネット事業部の詳細

ダイネット事業部

成長中のブランド

挑戦を大切にする風土から
いつも小さな事業が生まれています。

クックス事業部

挑戦を続ける意欲的な
厨房機器メーカーです。

クックス事業部の詳細

クックス事業部

TJMで大切にされている考え方

「TJM STYLE」より抜粋

「どうしても高い品質を求めてしまうDNA」
その結果、全事業部で価格競争に巻き込まれない高価格ブランドを展開

ものやサービスの価格はさまざま。
TJMにはどうしても高い品質を追い求めるという創業以来のDNAがあります。
特に地味でコストがかかるアフターサービスは重要なものだという価値観が根付いています。
品質が良くても価格の高いものは市場に定着させるのが簡単ではありません。

この戦いから速く深い思考、果敢な行動が生まれてゆきます。

「スモールスタート」
少しオッチョコチョイくらいが丁度良い
速く小さく始めて進みながら完成させてゆくという考え方

正しい志を持って思い切って新しいことに踏み出す。
必ずと言ってよいほどすぐには成功しない。
もがいて夢中で考える。
迅速に行動し修正する・・・
このサイクルを繰り返してゆくうちに「人」が成長します。

TJMでは「スモールスタート」という考え方を大切にしています。
課題を明確にする。
大局観、時定数を意識して重要な要素を粒を揃えて書きだす。
シンプルにまとめて記憶し、頭の中のアイデア発酵を待つ。
最初の一歩はなるべく具体的に決める。
小さくスタートする。
見直して戦略を修正、磨いてゆくことのスピード感を大切にします。

「オープンポリシー」
面と向かって言いにくいことを
はっきり言いあって
社員同士が敬愛しつつお互いを育てようという風土

売上の規模ではなく社員の成長が究極の会社目標という理念のもと、はっきりとものを言いあう風土、
「オープンポリシー」を大切にしています。 周囲の人から問題点をはっきり言われないと自分自身がわからない、
周囲の人に言いにくいことを率直に言うとそれが自分に跳ね返ってきて更に成長する。
その風土の中で社員は自分を鍛え、自分の力で「人財」として成長してゆきます。

ただし会社内の組織による上下関係とは別に、
社員一人一人は人としての尊厳を持つ存在です。
このことをしっかり意識しお互いを敬い、愛するという前提で
このオープンポリシーは実りあるものとなってゆく・・・
TJMはこう考えます。

30年ごとに繰り返されてきた世界的転換点を乗り越える真の力は「人」から生まれます。

「身の周りを清潔にたもつ」
110年間見続けて非常に大切だと体感していること

TJMでは身の周りをきちんとする事を重要視します。
世にいう「3S(整理・清掃・整頓)」です。
これは目に見えるスペースだけでなく、ビジネス要素そのものにもあてはまります。
心がけていなければ現状は保たれることはなく、すぐに汚れ混乱してゆきます。
綺麗に保たれている職場には必ずこの3Sを忘れない社員がいると考えています。

更に付き合うべき企業も3Sが行き届いているかで見極める事が多々あり、
予想外にこれによる判断は当たっています。